×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肝斑 - 肝斑(かんぱん)原因・治療と基礎知識

肝斑(かんぱん)の基礎知識を理解し、原因と治療、予防と対策を行いましょう。この肝斑情報サイトを利用して頂き、かんぱんでお悩みの方の一助になればと思います。

肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)の読み書きですが難しいですね、医学用語は本当に難しいです。さてこの肝斑(かんぱん)ですが、30〜40代の女性の頬や額などに左右対称に広がる地図状のシミの事です。

最近CM等でも話題ですが、肝斑(かんぱん)は、最も治療が難しいとされているシミの一つです。女性ホルモンが大きく関係していると言われており、ホルモンジミと言われることもあります。

原因も人によって多岐であったりしますので、一概に言えない部分はありますが、一般的には紫外線・妊娠・皮膚への過剰摩擦・心理的要因などが原因と考えられています。また、体調や生理周期によって肝斑(シミ)の色の濃淡が変化することも多くあるようです。

また、同じシミ系のものとして、”アザ”や、”皮膚炎からくる色素沈着症”などは、肝斑(シミ)と良く似た症状もあります、治療法が違うため、まずは皮膚科などで診断をお薦めします。

肝斑の特徴とは

・淡褐色のシミである。
・そばかすのような小さなものではなく、扇状に広がる。
・境界がぼやけている。ハッキリしていない。
・両頬や目の下側に左右対称的に出現する(目の瞼には出来ない)
・更年期、妊娠中、出産後
・女性ホルモンが影響
・紫外線、皮膚への過剰摩擦
・心理的要因(ストレスも一因)  
                  などが挙げられます。

肝斑 - 肝斑(かんぱん)原因・治療と基礎知識